読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♰ヤンデレ学生の日記♰

色々あって病んじゃった子の日記。

父親との確執

最近、父親が家にいることが多くなりストレスが溜まっています。

とりあえず誰かに話を聞いてもらいたい気分なので、父親のことについて書いていきたいと思います。

 

前に、父親のことが大嫌いだと書きました。

その憎悪の原因は、僕の小学生の時にあります。

小5から6年になるまでの間、僕は中学受験をするために必死に勉強をしていました。

まず、なぜ中学で受験をしようと思ったかと言うと、学校でいじめにあっていたからです。

だから、自分の嫌いな奴らと同じ学校にいくのが嫌で必死に勉強をして違う学校に行こうと思ったんです。

ただ、その結果どうなったか・・・。

いじめのストレスと受験勉強によるストレスの板挟みになりました。

毎日疲れ切っていて、ぐったりと一日をすごしていました。

そんな状況を見て、母はいつも僕に気を遣ってくれていましたし、一緒にいてくれました。

ただ、そんな母とは違って、父はいつもどこかへ遊びに行っていました。

家族との時間をなるべく減らし、趣味に何十万もつぎ込んで遊んでいました。

まあ、当時の僕には、そんな父に何か言う気力すら残っておらず、黙ってそんな父の姿を見ていましたが。

でも、母はそんな父の態度に怒り、父に対して不満をいうことが多くなりました。

そして、母と父が喧嘩になることも多くなっていきました。

 

そして・・・

結果として、いじめのストレス・勉強のストレス・家庭のストレスの3つに囲まれてしまったわけです。

学校ではいじめにあい、家に帰ったらすぐに塾へ行って勉強、夜遅くになって帰ってきたら親が怒鳴りあっているんです・・・。

こういうことがあったために僕の性格は歪み、家族の面倒ごとを放り投げた父親への怒りが、現在になっても消えずに残ってしまっているのです。

これからもきっと、仲良くすることはできないと思います。

ただ、自分のためにも、周りの人達を大切にして、精いっぱい生きていこうと思います。

 

なんか、暗い話を長々と書いてしまいましたが、読んでもらえたらうれしいです。